小田急相模原で症状を根本改善する痛みのない整体が人気です。

小田急相模原整体院


坐骨神経痛について

坐骨神経痛とは

 
坐骨神経痛とは、腰やお尻から太ももの裏を通って足くびに向かって走る『坐骨神経』と言われる神経線維の走行沿いに「痛み」「痺れ」「だるさ」などが出る症状を指します。
坐骨神経自体は下部腰椎(腰椎4番から下)とその下にある仙骨から出てくる末梢神経であり、太さ・長さ共に人体の中で最大の神経なのです。
 
坐骨神経痛は、あくまでも『症状』のひとつであって『病名』ではありませんが、原因がハッキリと特定できる場合と原因がハッキリと特定できない場合があり、「腰椎椎間板ヘルニア」などの様に、原因がハッキリ特定できる場合は「坐骨神経痛」という症状の一つとして扱われ、原因のハッキリしない場合は、病院などの説明時に「これは坐骨神経痛ですね。」と言うように病名として扱われることも往々にしてあります。
 

坐骨神経痛の原因

 
坐骨神経痛の原因が特定できる場合としては、第4腰椎・第5腰椎および第1~第3仙骨部から出ている末梢神経やその神経根部が、腰椎椎間板ヘルニアや腰椎分離症・腰椎すべり症・腰部脊柱管狭窄症などにより圧迫を受けることで、その神経支配領域に症状を引き起こす場合があります。
中には精神的なストレスや腫瘍などが原因で引き起こされる場合もあります。
 
また原因が特定しにくい場合としては、腰部や臀部の筋肉や筋膜が炎症や疲労・冷えによって硬く強張り、坐骨神経が締め付けられることによって絞扼神経障害を起こす事が考えられます。
 

坐骨神経痛の症状

 
坐骨神経が周りの組織から圧迫を受けたり、締め付けられると、その支配領域であるお尻やももの裏側・ふくらはぎ等にピリピリとした痺れやジンジンとした所謂『放散痛』として表に現れます。圧迫を受ける神経線維の種類によっては、該当皮膚の感覚が鈍くなったり、力が入らなくなったりすることもあります。
  

坐骨神経痛の治療

 
以前はCT検査やMRI検査などで、椎間板ヘルニアや腰椎脊柱管狭窄症と診断された場合には、ドクターからは「自然には治らないので」と手術をすすめられましたが、最近の医療現場では、手術に頼らない保存的な療法が少しずつ浸透してきて、先ずは様子をみながら経過観察をすることで、一定期間は保存療法を試み、それでも改善が難しいと判断された場合に手術の対象となる場合が多いようですね。
いくら現代医療が進んだと言われても、リスクのある手術を、状況の確認もせずに行う医療機関は少なくなっているようです。
 

坐骨神経痛の予防

 
坐骨神経痛の予防としては、やはり「柔軟性の回復」と「適度な運動」です。
まずは、年齢とともに硬くなった筋肉を、ラジオ体操やストレッチ体操などで緩める事が大事です。その上で、症状が軽減してきたら患部に負担の無い程度の運動を少しずつ始める事が重要です。
カラダを冷やさないことや、疲労を貯めこまないことも重要ですので、柔軟体操や適度な運動は必要不可欠です。

小田急相模原整体院のご案内

住      所:
〒252-0321
神奈川県相模原市南区相模台2-3-9
アクセス:
小田急相模原駅 徒歩3分
サウザンロード商店街/平塚信用金庫まえ
お問い合わせ・ご予約
042-741-5521
営業時間:
         平日:9:00~21:00
                 (受付20:00)
土曜・祝日:9:00~18:00
                 (受付17:00)
定休日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ