小田急相模原で症状を根本改善する痛みのない整体が人気です。

小田急相模原整体院


五十肩(肩関節周囲炎)について

五十肩(肩関節周囲炎)とは

院長日記五十肩3五十肩は首から腕にかけての肩関節周辺の痛みと運動制限を伴う疾患の総称で、四十肩とも呼ばれています。医学的な正式名称は『肩関節周囲炎』で、主に40~50歳代を中心に急性又は徐々に肩関節周辺の筋肉や靭帯・関節包と呼ばれる関節を構成する軟部組織に異常が起こる事で、長期的な頸肩腕部の痛みと肩の関節の可動制限がおこる症状を指します。
以前は腱板損傷や石灰沈着性腱板炎(石灰性腱炎)なども五十肩に含まれていましたが、現在では検査上で明らかな原因となる所見がみつからない場合を五十肩と呼んでいます。

五十肩(肩関節周囲炎)の原因

五十肩は中年以降で、特に40歳代・50歳代に多く見られる症状ですが、その原因は肩関節を構成する筋肉や靭帯・関節包と言われる軟部組織が、使い過ぎ、無理な大勢を続けることや、老化などが原因で、傷ついたり、伸ばされたり、硬く縮んでしまったりして炎症や痛みを引き起こすと考えられています。
また、その他にも日常生活でのストレスやホルモンのバランス不調などが原因になるとも言われています。
 

五十肩(肩関節周囲炎)の症状

髪の毛を整えたり、カラダの後ろ側に手を伸ばして紐を結ぼうとしたり、着替えをするときや、高い位置にあるものを取ろうと手を伸ばす動作で痛みが出ます。症状が強い場合は夜間痛と言われる、就寝時に肩関節周囲にダルさや重み、シンシンと痛む、ズキズキと痛むなどの症状が出るのも五十肩の特徴です。
 
五十肩には強い痛みと熱感・腫脹を伴う「急性期」と、強い痛みは落ち着くが肩関節の動作痛と可動域が制限される「慢性期」、また、関節の動作痛自体はあまり感じずに可動域の制限だけが残る「回復期」に分けられます。
 院長日記五十肩 「急性期」は肩関節の炎症症状が強く、じっとしていてもズキズキと痛む激しい疼痛と、発赤、腫脹を伴う事も多々あります。また、肩を動かそうとすると激しい痛みで日常生活も困難になるもっとも辛い時期で、症状が緩和するまでに約3~6週間くらいかかります。この時期の夜間痛といわれる就寝時の疼痛によって睡眠不足に陥るかたも少なくありません。
 
次に「慢性期」は6週間目~3か月目までの間で激しい肩関節の炎症症状は徐々に軽減し、とりあえずひと段落といった時期です。急性期の刺すような激しい痛みは鳴りを潜め、過敏な体質でなければ夜も眠れるようになるでしょう。もちろん、肩を動かした時の痛みと関節の可動制限はまだまだ残ります。
 
3か月を超えると多くの方は「回復期」を迎えます。痛みや不快感は少しずつ薄れて、この頃には夜間痛も感じなくなります。関節の可動制限は残るものの、動作時の痛みはあまり気にならなくなります。可動制限も徐々に回復して日常動作で不便を感じづらくなるのもこの頃です。一般的には6か月~18か月ほどで治癒となりますが、施術をせずに自然に治るのをまっていると肩関節の可動域は正常時の80~90%でまでしか回復しない事が多々ありますのでシッカリ治療をしましょう。
 

五十肩の治療は自然治癒力に任せず積極的な治療を

五十肩は周りの仲間から「放っておいても勝手に治るよ」と言われる事が非常に多いですね?確かに五十肩は症状が軽ければ半年から一年くらいで肩の痛みが軽減して動かせるようになるので自然治癒したように感じる事もあるでしょう。ところが、実際には自然治癒力だけで元のように正常な状態まで関節可動域が回復する事は稀なのです。五十肩が再発したり後遺症を残すことが無いように早い段階からの適切な治療を受けることが重要なのです。
急性期の治療
まず、痛みの強い急性期には出来るだけ安静を心がけて患部の動揺を防ぐための三角筋やサポーターを使用します。また、自発痛などの強い症状が出ている場合はアイシングや消炎鎮痛剤(飲み薬や貼り薬)を使用することも効果的です。
慢性期の治療
肩をかばって動かさない日が続くと、患部の脹れや熱感、疼痛が緩和してきて、刺すような鋭い痛みに変わって重い・鈍い痛みが出てきます。この時期を慢性期と言って、少しずつ関節の可動域を広げるための運動療法やストレッチ・マッサージを始めることをお勧めします。何故ならこの運動療法のタイミングが遅れると肩関節の拘縮(関節が固まって動かなくなってしまうこと)が進んでしまうからです。この時期は接骨院などで行う温熱療法や電気治療なども効果的です。
回復期の治療
院長日記五十肩2回復期では五十肩の主な原因である上腕骨と肩甲骨を形成する肩関節、肩甲骨と胸郭(主に肋骨)を形成する肩甲胸郭関節、の二つの関節の可動域をいかに改善されられるかが重要になります。この関節拘縮を改善するにはやはり専門機関での施術が欠かせないのです。専門機関で積極的に施術を受けることが、辛い五十肩をできるだけ快適に過ごすための近道です。当院では五十肩に悩む患者さまの為に「より早く」「より楽に」「より痛みを少なく」を目標に、適切でベストな施術を提供させて頂けるよう努めております。

小田急相模原整体院のご案内

住      所:
〒252-0321
神奈川県相模原市南区相模台2-3-9
アクセス:
小田急相模原駅 徒歩3分
サウザンロード商店街/平塚信用金庫まえ
お問い合わせ・ご予約
042-741-5521
営業時間:
         平日:9:00~21:00
                 (受付20:00)
土曜・祝日:9:00~18:00
                 (受付17:00)
定休日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ