小田急相模原で症状を根本改善する痛みのない整体が人気です。

小田急相模原整体院


ぎっくり腰について

ぎっくり腰とは

院長日記ぎっくり腰①
ぎっくり腰は、何かの拍子に突然、腰に「ギクッ」という痛みが走って、前屈みになれなくなったり、立ち振る舞いが出来なくなったりする症状で、酷い場合は痛みの為に手足さえ動かせなくなってしまう場合もあります。また、ぎっくり腰は正式名称を『急性腰痛症』と言い、腰椎と腰椎の間の関節の捻挫・腰部筋肉の損傷・腰部筋膜の炎症などが主な原因と考えられています。突然の痛みで動けなくなるなんて、まるで漫画の様な話ですが、実際に腰を痛めて受療する患者さまは少なくありません。
 
整形外科や接骨院などの通常の医療機関では、歩くこともやっと、ベットに横になる事もかなわず、身体の向きを少し変えるだけで激しい痛みを訴える患者さまを診て、消炎鎮痛剤を処方したり、軽いマッサージを施すなどの差し障りの無い処置にとどまり、リスクのある積極的な治療を敬遠する傾向にあります。
 
そこで小田急相模原整体院では、腰椎間や仙腸関節部のアライメントの不具合や筋膜の緊張などが原因で起こったぎっくり腰に関しては、原因と受傷部位を詳しく探り出して、出来る範囲で積極的に腰椎・仙腸関節アライメントの調整をしたり、ストレッチや筋膜調整を行う事で症状の軽減をはかります。
 

ぎっくり腰の原因

ぎっくり腰の発生する状況は、一般的には前屈みになって重いものを持ち上げようとした時に受傷すると言われていますが、来院される患者さまのお話をお伺いする限りでは、不用意に前屈みになった瞬間や、物を拾い上げようとした際などに受傷する場合が圧倒的に多いようです。このように、なぜ、簡単な動作で痛めてしまうのでしょうか?
ぎっくり腰になる方の多くは、身体に疲労が蓄積している場合や、身体が冷えている時、慢性的に柔軟性が少なくなっている場合が多いようです。このように筋肉や骨格を形成する運動器系の組織の機能低下が『ぎっくり腰』の要因になっていると考えられます。
 

ぎっくり腰の症状

院長日記ぎっくり腰②ぎっくり腰の症状は、軽い症例では腰部の違和感が出現する程度で収まる場合もありますが、多くの場合は前屈みや後ろに反らす動作、立ったり座ったりの動作、場合によっては腰を伸ばす事が出来なくなって歩行にも影響を及ぼすことが有ります。また、安静をはかる為に椅子に腰かけたり、ベットで横になったりすると、その後、自力で立ち上がったり起き上がったりする事が出来なくなる事もしばしばです。
 

ぎっくり腰の治療

一般的なぎっくり腰の治療といえば、先ずは急性期には、湿布薬を貼って、消炎鎮痛剤をのんで大人しく横になって安静に努めることが殆どです。その後、痛みが徐々に緩和するにしたがって、低周波治療や温熱治療、牽引や患部をマッサージする事で組織の柔軟性を回復させます。
 
ただ、それでは、ただ単に体の回復力を待つのと一緒です。当院ではより積極的に患部の回復をはかる為に、様々な手法を用いて患者さまの症状の回復に努めます。
そうは言っても症状の強い急性期に、不必要に動き回るのはお勧めできません。
急性期の強い症状が落ち着きだしたら、徐々に手足の体操や軽いストレッチなどを行って、体の可動域を広げられるように努めることが重要です。
 
いつまでも横になって安静にし過ぎると、ダメージを負った患部を庇うために全身の筋肉が強張り、末梢循環が悪くなる事で幹部への栄養の供給がスムーズに行かずに治りを妨げてしまうのです。
当院では急性期の強い症状がある場合でも、幹部の負担にならない範囲で全身の骨格のアライメントを整え、筋膜の調整を促しながら痛みの軽減と症状の緩和を追求します。

 

小田急相模原整体院のご案内

住      所:
〒252-0321
神奈川県相模原市南区相模台2-3-9
アクセス:
小田急相模原駅 徒歩3分
サウザンロード商店街/平塚信用金庫まえ
お問い合わせ・ご予約
042-741-5521
営業時間:
         平日:9:00~21:00
                 (受付20:00)
土曜・祝日:9:00~18:00
                 (受付17:00)
定休日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ