小田急相模原で症状を根本改善する痛みのない整体が人気です。

小田急相模原整体院


腰痛について

腰痛とは

院長日記腰痛①
腰痛とは腰の骨や軟骨・神経・筋肉などに異常が起こることで、腰やお尻周辺に痛みや張りを引き起こす症状をいいます。人によって原因や症状は様々ですが、そのほとんど(約85%は)が検査をしても原因を特定することが出来ません。

検査上とくに問題の見つからない様な腰痛は筋肉内の緊張が続くことによる血行不良が原因ではないかと考えられています。また、腰痛は痛めてからの経過日数によって急性期・亜急性期・慢性期に分類され、慢性化したり症状が悪化すると腰やお尻周辺の痛みや坐骨神経痛などを引き起こすので注意が必要です。
 
厚生労働省によると、近年の国民生活基礎調査における有訴者率で「腰痛」の占める割合は、男性では第1位、女性でも第2位を占める症状であると報告があります。(男の第2位、女の第1位は共に肩こり)
 

腰痛の原因

一般的な腰痛の主な原因は以下のとおりです。
院長日記腰痛②
①悪い姿勢が影響しているもの
長時間おなじ姿勢でいる・あぐら・中腰や前かがみでの作業・椅子に足を組んで座る
②使い過ぎによる筋肉の疲労
重いものを持つ・長時間の労働・過度の運動など
③運動機能の低下
筋力の低下・柔軟性の低下など
④体重の増加
⑤骨や軟骨などの変性及び老化
椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰椎圧迫骨折など
⑥その他の原因
「消化器系」「泌尿器系」「生殖器系」などの内臓が原因になるもの、心因的ストレスによるものなど
院長日記腰痛③   院長日記腰痛④
 

腰痛の症状

院長日記腰痛⑤
一般的な腰痛では、腰や臀部の筋肉が常に緊張状態に陥ることで、腰臀部の筋肉の痛み・張り・だるさなどが引き起こされます。また、腰の筋肉の緊張が強まってくると、その痛みや不快感は体にとっての心因的なストレスとなり、自律神経のスムーズな働きを阻害するのです。
 
自律神経系の乱れは筋肉の緊張を更に強め、場合によっては腰や臀部の痛みや張り・だるさなどを更に増悪させます。腰痛による筋肉の緊張は、増悪すると腰椎から出てきた末梢神経根を圧迫し、肩や腕の痛みや手指の痺れにつながる場合もあるので要注意です。
 

腰痛の治療

一般的な腰痛は、筋肉内を循環する血流が悪くなることで組織内に老廃物が滞ることが原因で引き起こされます。そこで、当院での腰痛へのアプローチは下記の5つの方法を段階的に施しながら、筋肉の過緊張を徐々に緩めてゆき、血流量を増加させる事で痛みや緊張の緩和を図ります。
 
:お風呂で体を温めても全く症状に変化がみられないような腰痛は、腰椎や椎間板に異常があったり、内科的に問題がある可能性が強くなりますので整形外科や内科などの専門医療機関を受診する必要があります。
 
①温める
・・・腰やももの裏、ふくらはぎなどに使い捨てカイロを当てたり、お風呂でゆっくり温まるなどして患部の血流を促してください。
②擦ったり叩いたり揉んだりする
・・・拳(こぶし)や手根(手のひらの硬い部分)で患部を擦ったり叩いたりすることで、腰部の筋肉の緊張を緩めるとともに血流が促されます。
③ラジオ体操やストレッチを行うことで筋肉の柔軟性を回復させる
・・・筋肉は脳からの刺激を受けて収縮することは出来ても自ら伸びる事はできません。
ラジオ体操やストレッチで筋肉を伸ばしてあげることは、筋肉の持つ本来の柔軟性が回復させ、その筋肉内を通る毛細血管の流れを円滑にします。
④運動機能の向上を図る
・・・腰周辺の筋肉や臀部・大腿部などの筋肉を鍛える事で、機能低下をおこしている患部の負担を減らすことに役立ちます。特に慢性的な腰痛や坐骨神経痛などの体の不調に大きく影響を与えます。
⑤姿勢習慣の改善
・・・同一の姿勢を長時間続けたり、前屈みや中腰姿勢、悪い姿勢での作業は、どんなに健康な方でも腰痛の原因になります。当院でご提案する良い姿勢習慣を身につけて腰痛を忘れる生活を送りたいものです。
院長日記腰痛⑥  院長日記腰痛⑦
 

腰痛の予防

院長日記腰痛⑧
病的な腰痛でない限り、下記の①~③を習慣化する事で最終的に痛みは徐々に緩和していくと考えられます。
①体操の習慣化
②運動の習慣化
③姿勢の習慣化
 





院長日記腰痛⑨院長日記腰痛⑩

小田急相模原整体院のご案内

住      所:
〒252-0321
神奈川県相模原市南区相模台2-3-9
アクセス:
小田急相模原駅 徒歩3分
サウザンロード商店街/平塚信用金庫まえ
お問い合わせ・ご予約
042-741-5521
営業時間:
         平日:9:00~21:00
                 (受付20:00)
土曜・祝日:9:00~18:00
                 (受付17:00)
定休日:
日曜日

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ